犬にとって夏はつらい季節?

犬にとって夏はつらい季節?

犬は暑さにとても弱い動物です。
日本の夏は高温多湿のとてもジメジメした厳しい暑さで、犬にとってとても危険な環境であり、きちんと暑さ対策を取らないと命に関わります。

犬は人間とは暑さの感覚が違い、気温22度以上で湿度が60%を超えると、熱中症になる確率が高くなるといわれており、このように人間ではまだ暑くない気温であっても、かなり辛い状態なのです。

では、どのような対策をしたらいいのでしょうか。
犬には汗腺がほとんどないため、汗をかきません。
舌から気道にかけて唾液で濡らし口を開けてはぁはぁと呼吸をすることで、その水分を蒸発させて体内の熱を外へ出し体温調節を行います。
よって、扇風機は涼しく感じず、エアコンのクーラーのように室温自体を下げるほうが涼しく感じます。
ただ、注意したいのが、冷気は床に溜まりやすいので、人間に合わせた快適な温度にしてしまうと、犬にとっては冷えすぎてしまうことがあります。
冷えすぎるのも体調不良の原因になってしまいますので、設定温度には注意が必要です。

愛犬に人気のプレゼントをお探しの方は、コチラのURLからどうぞ!
https://sugarskullsweets.com